×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

4号線渡り初めイベント


開通まで2年弱となった4号線(中山〜日吉)のうち、センター北〜南間の高架が完成したことを記念して、イベントが開催されましたので紹介いたします。

<取材概要・・7月30日 渡り初めイベントの取材>

改札内にあった入り口です。かなりの家族連れの方々がいました。

4号線の改札(?)あたりに入りました。
窓からは完成した高架と2000形が走る既存線が見られます。

TVKのカメラも来ていました。

ここが将来エレベーターとなるのでしょう。

長い行列を抜けホームに降りました。出来上がったセン南駅の様子・・

2年弱後、このトンネルから4号線10000形が出てくるのでしょう。

8k 220mと書いてありますが、中山からの営業キロ数だと予測されます。

階段部です。エスカレーターができるのでしょうか。

どうやら、このイベントの前にここで式典があったようです。

美しい未来につなげる希望の架橋・・

配っていたジュースを飲みながら既存線を眺めます。
走っているのは11月廃車候補1051Fです。

ジュースを飲み干したところで折り返しが来ました。

1000形の並びです。左が1051F・右が1011Fです。
開業当時からいる残りの2編成が見事に並びました!
こんな光景はここからでしか見られません。

1011Fです。堂々とトップナンバーを輝かせています。

1000ばっかなので3000Rもw

すれ違いが目の前で見られました。

前に歩いている人を見れば一目瞭然ですが、塀がかなり高かったです。

プレートです。

野毛号のときに撮った場所で同じアングルで撮りました。
開通が待ち遠しいですね・・

<取材後の感想>
線路を引く前の高架を歩くというすばらしいイベントでした。
最初で最後のアングルから撮った車両もなかなかのものですね・・。

以上、渡り初めイベントのリポートでした。

はまちかリポート  トップへ戻る