×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

上永谷車両基地ウォッチング


試験休みの5月31日、今まで行ってみたかった上永谷車両基地へ足を運びました。
※掲載する写真はすべて敷地外から撮影いたしました。

<取材概要・・5月31日、地下鉄の修車・検車を行う上永谷車両基地を見物>

ついに来ました、上永谷車両基地!
まず初め、夕方の運用にそなえてお昼寝中の車両が目に付きました。
さらに進むと、上写真のように運用が終わった・運用に入っていない車両たちがいました。

手前にいるのは1051Fではないですか!
普段見慣れない視点からじっくり観察・・。

一番奥は3471Fです。

3471Fのとなりには3311Fらしき車両、そのとなりには1111F(上写真)がいました。
さらに手前側には3281Fがいて、そのとなりに1051Fという感じでした。

視点は変わって、お昼寝中の車両たち(側面から)。
手前から3321F・3241F・3451F・3381Fです。
3451Fのピカピカの屋根が目立ちます。
ご覧の通り、奥には全然車両がいなく、驚きました。

さらに場所は変わって、地下鉄高架の見える大通りより環状2号方面をながめます。
やってきたのはあざみ野へ向かう3441Fと湘南台へ向かう2151Fです。

<取材後の感想>
行きたかった車両基地に行けくことができて良かったです。
今回は天気が悪かったので、日を改めてまた行きたいと思います。
また、今度新羽車両基地にも訪れる予定です。

以上、上永谷車両基地ウォッチングでした。

はまちかリポート  トップへ戻る